いまは結婚はしていないけど将来的に結婚をして妊娠と出産をしていく可能性があると思っているナースの女性は多いでしょう。そのような方についてなのですが、やはり子育て支援制度的な取り組みをしているような仕事先がお勧めです。いま働いているところがあまりそういったことに熱心ではない場合についてなのですが、転職をしてくことがお勧めでしょう。特に妊娠と出産後も働いていくことを考えているならなおさらです。そういったことで、子育て支援制度があるナース求人の必要性が高まります。子育て支援制度があるナース求人の必要性の高まりなのですが、まずは大きな病院ではそういった対応がしっかりとあるようになっています。まずは、出産前の6週間と出産後の8週間の休暇は法律上認められています。そういったものにつきましては、健康保険から通常のお給料の約60パーセントがいただけるようになっています。しかし、出産後わずか8週間では働けないでしょう。そこから必要になっていきますのが、育児休暇です。実際にあるものになっています。仕事を辞めることなく一維持的に休むという制度です。産後1年半はその育児休暇というものが取れるようになっています。しかし、医療機関によりましてはそういった制度をあまり守っていないところもあるのが実情です。あまりよろしくないのですが、あまり大きくないような医療機関では仕方のないようなケースも多くなっています。自主的に代謝を迫られるようなこともあります。そういった憂き目にあわないようにするためにも、女性の看護師の方は子育て支援制度があるナース求人の必要性をしっかりと感じて、転職をしていくべきです。