看護師の転職の現状は他の職種の転職状況より求人が多いのが現状です。その原因は看護師の仕事の難しさ、労働環境の大変さなのです。看護師という職種は無くてはならないのですし、24時間、365日の対応が必要なのです。バブル崩壊威光の看護師の転職状況は転職者が多くなっているのが現状ではないでしょうか。それは、企業が不況となっていくのですが、病院においても例外ではありません。以前のように病院は赤字経営であっても、市、県、国などが補填してくれ鄭他のですが、景気の悪化とともに税収が減り、他への補助金と同様に病院への補助も少なくなったのです。地方公共団体の赤字を無くすために病院も利益を生まないまでも、赤字を出さない事を求められるようになってきております。そのため病院は、企業と同じくリストラを行い、無駄を無くすなどの対策を行う様になってきたのです。もちろん看護師の労働環境も改善されるどころか悪くなる傾向にあるのです。そうなると看護師の転職の現状は離職率が高くなるのです。そして、看護婦の給与は上がらないのですが、離職した人を補うための求人は高くなるのです。しかし、求人に対して応募数が少ないのが現状です。看護師の転職の現状について、これは都市部だけに限らず、地方にも同様な状態なのです。逆に地方においては、看護師のなり手が好くなく、准看護師、昔看護師を行っていた、主婦などをアルバイト、派遣などで対応している状況なのです。