看護師さんの転職といえば、勤めていた病院やクリニックで人間関係がうまくいかないことや給料や待遇面の不満で、別の医療機関にうつるというのが、一般的に考えることでしょう。しかし、看護師には、病院以外にも企業で働くという選択肢があるということを、看護師の転職の基礎知識として説明したいです。看護師の仕事は肉体的にも精神的にも大変です。看護師として働いている人の多くは、一度は看護の現場を離れたいと考えたことがあるものです。しかし、せっかく取得した看護師資格や看護師としての経験を捨ててしまうのはもったいないです。そこで役に立つのが、先ほどの看護師の転職の基礎知識なのです。看護師資格があると有利になる企業求人として、CRC、CRA、企業看護師があります。治験コーディネーター(CRC)、臨床開発モニター(CRA)、クリニカルコーディネーター(CC)といった職種は、看護師が資格を活かして一般企業で働けるとても魅力的な選択肢なのです。 夜勤なし、一般的に週休2日という条件は、企業としてはごく普通の勤務条件であり、夜勤や休日出勤が当たり前の看護師にとって企業への求人は魅力的に思えます。ただし、企業への求人は数が少なく、また人気が高いため、枠がすぐに埋まってしまうことも珍しくありません。ですから、こういった企業における看護師の求人を探す場合は、人材紹介会社 を活用することを看護師の転職の基礎知識として知っておいてもらいたいです。看護師の紹介を専門にしている会社もあり、登録しておくと一般には公開していない非公開の求人情報を紹介してもらえます。また 働きながらの転職活動も可能ですから、便利なサービスです。