履歴書のポイント

| 未分類 |

転職で大事なポイントは色々ありますが、まず一番大事なのは履歴書。面接と履歴書の提出が一緒であれば良いのですが、大きな病院や競争率の激しい所では、まず書類選考を行う事が殆どです。履歴書の書類選考で落ちてしまった。という話も多いです。そこで、この最初の難問を突破する為に必要な、看護師の転職の基礎知識を頭に入れておくと良いでしょう。看護師の転職の基礎知識は様々ですが、まず転職となると履歴書が必要です。看護師の転職は、本人によほどの事情が無い限りはその内定率は5割ほどといわれています。その為、履歴書に関してそこまで神経質になる必要はないかもしれません。しかし、転職一つといっても時間が掛かり過ぎたり、希望の職場に受からなければ転職する意味がなくなってしまうので、第一希望に受かる為には、楽観的すぎるのも考えものです。また、看護師が病院ではなく一般企業へ移ろうと考えた場合の内定率は、大きく減少した1割程度といわれているので、他の職種に転職を希望する場合は、多少シビアに考える必要があります。看護師のような特別な資格を持った人材が活躍出来る場所は、多くは大企業であり、倍率も高いもの。人事担当者も効率化を計り、履歴書による書類選考で落とす事も多いのです。医療から医療へ移るときの感覚でいると、驚くかもしれません。そこで大事な履歴書のポイントです。まず、職業柄、正確性やこまかやかさを重視される事が多いため、誤字脱字は無くしましょう。文字のレイアウトのバランスも、能力の高さを見られます。資格や住所なども、省略しないようにします。相手が読みやすく分かりやすい履歴書を作る事が大事です。そして、最後に氏名欄の捺印も忘れてはなりません。看護師の転職の基礎知識でした。